アダルトコンテンツが含まれております。未成年者の閲覧はご遠慮ください。 なっちゃんの 勝手につぶやいてます わかっちゃいました
FC2ブログ

わかっちゃいました

シャワーを浴びて、ご主人様の待つベッドへ。

「お前の一番欲しかったのは、これだもんな」

--------------
うふふ、そうです。これが一番大好きなんです。

そう、ご主人様に腕枕をしてもらって、ピッタリとくっ付く。
イイコイイコ、ナデナデ・・・・・・

もう、嬉しくってご主人様の体にスリスリしちゃう。
私の一番安心できる場所、私が私で居られる場所・・・・・それがご主人様の腕の中なのかもしれない。

kissして、抱きしめてもらって・・・・・SM行為も嫌いじゃないけど、やっぱり私はこうしてるのが一番好き♪ d(⌒o⌒)b♪

ゴロゴロベタベタ甘えてる姿は、ご主人様と奴隷というよりは、ご主人様と子猫?
(にしちゃぁ、ナリがでかすぎる・・・・・やっぱライオン??)

スリスリとご主人様の体に顔を埋めながら、ご主人様の乳首を舐める。

「お前、そこを舐めるってことは・・・・・俺のSのスイッチが入るぞ、いいのか」

はい、なつこを好きにしてください。


そう言いながら、ご主人様のモノを体内に迎え入れる。

ご主人様のスイッチを入れちゃった私。
(いえ、乳首舐めなくったって十分Sのスイッチは入ってると思うんだけど)

このあとに待ってるのは・・・・・・・・

ガブッ!!

キャァァ~~!!


071105-1.jpg

繋がりながら、何度も噛まれる。
これまた痛いんだけど、それでも嬉しいと思ってしまう。
ご主人様がやりたい様に噛んでもらえるのが嬉しい。
(その代わり、叫び声も半端じゃないと思うけど(^^ゞ)

コトの後だったか、最中だったか・・・・・
「すっかり俺専用になったな。俺が作り変えたんだ。」

そんな言葉を覚えてる。

すっかり体力を使い切って、あとは休憩モード。
(ちなみにここまでで、一時間半もないくらい)


私の本当のお仕事は、ここから(笑)
足裏マッサージ奴隷の開業。

「おおお、それいい! キモチイィ!!」
「やっぱ、出すよりもこっちの方がイイ!!」


ご主人様、快感?を味わってるうちに・・・・・寝ちゃいました(笑)

一眠りしたら、今度は肩もみマッサージ。

ご主人様の肩をもみながら色々お話。

ご主人様、私わかっちゃいました。自分と他のM女さんの違い。
普通の人ってね『別れる・捨てられる』ってことをものすごく心配してるんですよね。

私って、全くそんな事を心配してないもの。
ご主人様側が『お前には俺しか居ないんだよ』って思ってるのと同じように、『今のご主人様と付き合えるのは、私しか居ない』って思ってますもの。

「だなぁ。お前って、精神的にMじゃないもんなぁ(笑)」
「俺だって、もう少し若かったら多分『もうひとり』ってくらいは考えてたぞ。」
「なんてったって『お前』だからなぁ」

あはは(^^ゞ

「丁度いい距離感だよ俺達は。ほんとに居心地がいいな」

うん(*^_^*)


「じゃぁ、行くか」

ハーイ♪ d(⌒o⌒)b♪


こんな感じで、ホテルを後にした。


さて、運動した後は腹ごしらえしなくっちゃ!!
台湾の屋台料理のお店をチョイス。美味しく食べさせていただきました。
(やっぱ最後は餌付けです(笑))

食後に別の場所でコーヒーを飲みながら、まったくの日常会話。
日常会話というよりは・・・・・主従の立場が逆転した会話。

「俺のパソコンが遅いんだよぉ、あれってどうすりゃいいんだ」

○○と××やって、△△すれば簡単ですから。

「そんなこと言ったってだなぁ・・・・・」

ああ、もう・・・ハイ、これ!!!


と私の副業の名刺を押し付ける。

ちゃんとお仕事しますから、呼んでください(笑)

「んなもん、呼べるか! でも、電話はするかも(笑)」

(呼んでくれたら、もちろんタダで直しちゃうのにぃ)


食後のひとときも(別の意味で)十分に楽しませてもらって、駅に向かう。
改札を抜けて、別れ際に

「じゃぁな・・・・・お前、やっぱそれ(眼鏡なし)いいぞ」
最後に嬉しい言葉もらっちゃった♪ d(⌒o⌒)b♪

コメント

怒涛の更新に・・・

コメントが付いていきません(笑)
とにかく素敵な逢瀬を無事迎えることができてよかったですね^^
1時間半でそこまで辿り着けるのはご主人様の手腕?それともなつこさんの感度の良さ?(笑)

レーシック、充血は直りましたか?(気になったまま数年過ぎてしまった私w)

そうかな・・・

朋さん>
 そんなに怒涛の更新?
この原稿自体は当日に殆ど書き上げちゃってるんですよ。
(だって、ご主人様とのデートの時って22時には帰宅してるのよ)

で、一気にアップしちゃうのも何なので、3日間に分けてます(笑)

ちなみに、相性の良さでここまで辿り着いているものと考えられます。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

なつこ

Author:なつこ
目標、肝っ玉母ちゃん!

旦那さんと ご主人様 ご隠居様
+ 年下ボーイフレンド君、
子供三人あり(元旦那と同居)

人には言えないことを、勝手に
つぶやいてみたいと思います。

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
12  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
最近のトラックバック
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索